目下、解体中

こんにちは。

事務所の横にあった金融機関の建物立替工事が年末から行われているため、日中は重機の怒号が事務所内に鳴り響いています。

たまに、震度1程度の揺れが来て、地震に不慣れな私はその都度心臓がドキドキします。。

電話口でも声がやや大きくなってしまいます。

隣を見てみると、現在8割ほど解体が終わっていますが、今月まではこのような環境で仕事をすることになりそうです。

☆彡

2月も後半に入りました。

以前ブログにも書きましたが、民法が改正され新しい制度が段階的に施行されていきます。

1月13日から自筆証書遺言も変わりました。

昔の制度が社会の変化にともない、解体・改変されていきます。

隣の工事の轟音を聴きながら、民法改正の轟音がユニゾンした朝でした。


司法書士・K

コメント

非公開コメント