インスペクション

こんにちは。

昨日、住宅診断(インスペクション)についてのセミナーに参加してきました。

この『住宅診断』とは、中古住宅の取引の際に住宅の検査を行い、建物の品質を調査していくというものです。

欧米では、中古住宅の市場がとても多く、理由はこの『住宅診断』の制度が充実している為だそうです。

日本では住宅に限らず「新品」への憧憬が根強いため、なかなか中古品への需要が伸びないというデータも示されました。

「一つのものを手入れをしながら永く使う」という文化は、日本人のモノに対する精神から生まれまたものだと思います。

住宅診断の文化が日本に根付けば、日本社会も少し違う未来が待ってるのかもしれません。

司法書士・K

コメント

非公開コメント